学校医

塩釜医師会に所属する学校医は、学校保健法などで定められた事項に基づき、管内2市3町(塩釜市・多賀城市・松島町・利府町・七ヶ浜町)の小・中・高校と一部の幼稚園の生徒たちの健康増進や健康教育、衛生環境の保持に勤めています。

学校医の仕事
(学校保健法施行細則より要約)

(1)  学校保健安全計画の立案に参加。
(2)  学校環境衛生に関する指導と助言。
(3)  健康診断。
(4)  疾病の予防処置、保健指導。
(5)  健康相談。
(6)  伝染病及び食中毒の予防。
(7)  救急処置。

学校医の種類

管内すべての小・中・高校に2名の内科校医と1名ずつの耳鼻科校医・眼科校医・歯科校医がいます。
(歯科校医は塩釜歯科医師会の先生方が勤めます。)
また、内科校医の1名が管理校医として、その学校の健康・衛生管理を統括します。

管内学校医名簿

画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

眼科学校健診の内容

視力検査
(裸眼、眼鏡装用、コンタクトレンズ装用)
問診
(眼精疲労など自覚症状を生じる病気のチェック)
前眼部検査
  眼瞼のチェック
  (まぶたの腫れ、まつ毛など)
  結膜のチェック
  (流行性・感染性疾患、異物など)
  角膜のチェック
  (濁り、傷、異物など)
  瞳孔・水晶体のチェック
  (先天性の瞳孔異常や白内障など)
眼位検査(斜視のチェック
 
眼科学校健診で見つかる主な病気
感染性結膜炎
アレルギー性結膜炎・眼瞼炎
麦粒腫(ものもらい)、霰粒腫
内反症(逆さまつげ)
斜視・斜位
弱視